咬み合わせを一番に考える歯医者さん - 札幌市手稲区で「咬み合わせ」に重点を置いた歯周病治療、入れ歯、審美歯科、予防歯科

入れ歯の使い方

はじめて入れ歯をお使いになる場合は、まず鏡を見ながら指でいれる練習をしましょう。
最初は、歯や歯ぐきが締め付けられたり、吐き気がして入れているのが辛かったり、話しにくい、食べ物の味や熱がわからないというようなことがある場合があります。
お口の中に大きな異物をずっと入れておくのですから、慣れるまでは通常2−3日かかるようです。
新しい入れ歯は、歯科医院で十分に調整されていたとしても、何回か食事をしたり会話をしたりすることによって、微妙な噛み合わせのズレや入れ歯の形に口の中の筋肉や粘膜が慣れなくて、歯ぐきに傷ができたり、頬の内側の粘膜を噛んでしまったりすることがあります。 このようなときは、慣れようと無理に使ったりせず、すぐに歯科医院で調整をうけてください。無理して使い続けると傷が
痛いときは、しばらくはずしておくのが良いでしょう。

すぐに歯ごたえのあるものを食べてみて入れ歯が痛くないか確かめる方も多いですが、初めの一週間は慣らし運転をしなくてはいけません。
とくに最初の2−3日は軟らかいものから徐々に噛んでいって、入れ歯と歯ぐきや口の中の筋組織をなじませ、新しい入れ歯の噛み合わせにも慣れる必要があります。

入れ歯のお掃除

入れ歯を使っていると、べとっとした粘着性の汚れが徐々に付着してきます。
入れ歯も歯と同じように汚れてしまうのです。
殺菌洗浄剤に浸けてきれいにすることは多くの皆さんがされていますが、入れ歯専用ブラシで洗っている人が案外少ないようです。
口の中の汚れというのはとても粘りがあって、洗浄剤の炭酸の泡くらいできれいになるものではありません。
ネバネバの汚れの張り付いたままの入れ歯を長時間いれておくというのは、口の中で細菌を培養しているのと同じです。
ですから入れ歯は、「取り外しの出来る自分の歯」だと思って、しっかりとブラシで粘りついた汚れを磨き取り、定期的に義歯用洗浄剤で殺菌すると良いでしょう。
もし頑固な汚れや歯石がついてしまったら、歯科医院で綺麗にしてもらうことが出来ます。
べたっと厚く張り付くタイプのものは、噛み合わせが合わなくなったりして歯科医としてはお勧め出来ませんが、すぐに洗い流せるタイプのものを少量つかって安定の補助にすることは推奨できます。
私がお薦めするのは、
新ポリグリップ パウダータイプ
ここ歯科では、ポリグリップのサンプルをお配りしております。などです。
ポリグリップは薬局などで販売されています。




ポリグリップ 義歯粘着剤 ここ歯科